コンテンツへスキップ

ジャンル:電子回路 2018年12月26日、無線リモコンに興味があるので、ひとまず学習キットからリモコンを作ります。 本家様 PICマイコン赤外線リモコン学習キット

準備

道具

  • ペンチ
  • ニッパー
  • カッターかストリッパー
  • 半田ごて、吸引器などの半田付けセット
  • キット
  • 電池ケースと電池3つ
  • PICライター

picライターについては後述

キット

PICマイコン赤外線リモコン学習キット

マイコンのデータシートやコード、解説書などは一通り付属CD-ROMに入っていました。安心。

CD-ROM内容物

  • 関数など各ソース
  • 取り扱い説明書
  • リモコンフォーマット
  • 回路図
  • PICマイコンのデータシート

受信機として使うときはこの液晶もあると良いでしょうが、俺は買ってないです。いずれやるかも。

LCDキャラクタディスプレイモジュール(16×2行バックライト無)

作成

で、作った。

ソフトウェア

開発環境

説明書に書いてあったMPLABを使います。IDEは統合開発環境、IPEは書き込みツールです。コンパイラはHI-TECH Cが紹介されていました。 maicrochip MPLAB のIDEは、MPLABの以下のサイトからダウンロード/インストール出来ました。

microchipのMPLABのページ

ライター

ソフトウェアはpicマイコンに書き込んでいくわけですが、ここでライター(書き込み機)を別に用意しなければいけないことに気づいた。なんてこった。以下を購入予定。年末帰省中は受け取れないので1月に買います。

AKI-PIC2プログラマボード(PICkit2互換)

AKI-PIC2アダプタ(40ピン)

参考 マイコン/PIC – PukiWiki

雑談

まさかライターを別に用意しないといけないとは。ハードは金がかかりますね

追記(2019/3/18) 段落構成を変更しました。内容は変更ありません。