コンテンツへスキップ

10月28日。ジャンル:電子工作

基本的な道具

電子工作はスタートするのが大変ではないでしょうか?俺は何か始める時にはまず道具をひとまず集めるんですが、実際初めてみたときに用意したものを挙げていきます。

  • 半田ごて、半田吸引器、スポンジ、台、はんだ
  • テスタ
  • ラジオペンチ
  • ニッパ
  • ピンセット
  • テープ
  • ケース

半田付けとブレッドボード

半田付けのことから書きましたが、半田付けをしなくてもオッケーなのがブレッドボードです。穴に部品を刺せば動作確認できますので便利。これです。部品だけで無くブレッドボードと線も買っておきました。パーツ一般/基板・ブレッドボード/ブレッドボード(基本ユニット) 秋月電子通商-電子 …

シミュレーター

回路を設計し田後、上手くいっているかを確かめるには実験するしか有りませんが、そうすると毎回さまざまな値の抵抗を買って置かなければいけません。そういうときにシミュレーションが出来るとハイパー便利です。

昔はかなり高かったらしいシミュレータですが、フリーで出てる物もありますので紹介します。LTSpiceというシミュレーターです。リニアテクノロジという電子部品メーカーが自社の製品を買ってもあったり技術者を育成するために開発したらしいですが、リニアテクノロジは2017年にアナログデバイセズに買収されたため現在はアナログデバイセズのHPからダウンロード出来ます。自社製品しか登録させていないので東芝の2SC1815なんてメジャーなトランジスタは入っていませんが、似たような製品も有りますし、パラメーターを入力すれば新しく登録することも出来ます。

ちなみに他の会社から出ているフリーではないものは数百万円らしいので、無料で出来るなんて感謝感激!アナログデバイセスの部品を買って恩返し、するかどうかは別なお話。

spice example

LTspice | 設計支援| アナログ・デバイセズ – Analog Devices

おまけ E系列とか

部品の値を関係式から計算してもその通りの値の部品が有るわけではありません。市販されて居るのは以下に示す値になってます。なんでこんな微妙な値なのかというと、たとえばE6系は「10の6乗根の自然数乗の値」で、対数的に等間隔らしい。これが使いやすいとか。いまだその恩恵を感じたことはありませんが、そういう物らしい。

表:E標準数

E3E6E12E24
1.01.01.01.0
1.1
1.21.2
1.3
1.51.51.5
1.6
1.81.8
2.0
2.22.22.22.2
2.4
2.72.7
3.0
3.33.33.3
3.6
3.93.9
4.3
4.74.74.74.7
5.1
5.65.6
6.2
6.86.86.8
7.5
8.28.2
9.1

追記(2019/3/18) 段落構成を変更しました。内容は変更ありません。

ジャンル:電子工作

12月26日 電子工作で便利だと思うので電源を用意しました。今回はCD12V電源が有れば十分ですが、可変にしようと思います。

動機

電源装置を使いに学校に行くのは面倒

材料

  • DCDC変圧器(降圧型)変換器はコンバータとも呼ばれます。買った物はzmart ステップダウン コンバータ 5-40V〜1.2-35V 9A 300W 降圧 電源 モジュール。壊れるのは嫌なのでちょっといいやつ。安いのは300円くらいのが有りました。
  • ACDC変換器19V出力PCのおまけ
  • ワニグチクリップとDCコネクタくっつけました。DCコネクタは内側が+で外側がGNDです。同軸ケーブルとかは回路なので+とGND(-)が必要ですが、ついでにGNDで線を覆って電気的に保護しているらしいですね。
  • 導線

作る

くっつけるだけ。写真の青いところには半田がくっつかなかったので、基盤裏面に直付けしました。可変抵抗のつまみを回すと電圧が変わります。

電源について

家庭のコンセントはご存じの通りAC(交流)100v。これはかなり高電圧です。

理由

電力P、電圧V、電流I、抵抗Rとして、
P=VI=R*I^2=V^2/R (V=RI)
電気を発電所から送るとき、電力ロスを小さくしたいです。
導線中の電力損失もまた電力なので、電流が小さい方が損失が小さいです。なので、小電流大電圧で伝送します。
詳しそうなサイトは高電圧送電が有利なわけ – FNの高校物理

コンセントから使えると便利なので、パソコンの変圧器を使ってDC19Vにした後で可変DCDCコンバータで使いやすくしようと思います。

変換器について

今回使って居るのは降圧CDCDコンバータですが、昇圧、昇降圧型があります。昇圧降圧の原理は様々あります。 今回買ったタイプはDCDC降圧型の中で特に簡単な物です。コイルに電気を流すと、電磁誘導の法則によってコイルに誘導電流が流れ、電圧が発生します。このとき発生する誘導電圧は巻き数比で決定されます。見た目でコイルが一つなので、たぶん単巻きです。 これに詳しめに書いてあります。〔機械009〕単巻変圧器とは|電験3種ネット – 電験三種

んで、おそらくそれで出来た電圧を、可変抵抗器で分圧しているんだと思いますが確認は出来ませんでした。このタイプでは入力電圧より大きい電圧は原理的に発生できませんので、用途に合わせて買う必要があります。可変抵抗で出力電圧を変えられますのでべんりですね。

雑記

注文してから気づいたんですが、俺はACDC変換器の12V出力も持ってました。なので、12Vが必要ならそれにDCコネクタ+わに口クリップでおっけーでした。 3.3Vにもできたので便利そうです。

追記(2019/3/18) 段落構成を変更しました。内容は変更ありません。

ジャンル:電子回路 2018年12月26日、無線リモコンに興味があるので、ひとまず学習キットからリモコンを作ります。 本家様 PICマイコン赤外線リモコン学習キット

準備

道具

  • ペンチ
  • ニッパー
  • カッターかストリッパー
  • 半田ごて、吸引器などの半田付けセット
  • キット
  • 電池ケースと電池3つ
  • PICライター

picライターについては後述

キット

PICマイコン赤外線リモコン学習キット

マイコンのデータシートやコード、解説書などは一通り付属CD-ROMに入っていました。安心。

CD-ROM内容物

  • 関数など各ソース
  • 取り扱い説明書
  • リモコンフォーマット
  • 回路図
  • PICマイコンのデータシート

受信機として使うときはこの液晶もあると良いでしょうが、俺は買ってないです。いずれやるかも。

LCDキャラクタディスプレイモジュール(16×2行バックライト無)

作成

で、作った。

ソフトウェア

開発環境

説明書に書いてあったMPLABを使います。IDEは統合開発環境、IPEは書き込みツールです。コンパイラはHI-TECH Cが紹介されていました。 maicrochip MPLAB のIDEは、MPLABの以下のサイトからダウンロード/インストール出来ました。

microchipのMPLABのページ

ライター

ソフトウェアはpicマイコンに書き込んでいくわけですが、ここでライター(書き込み機)を別に用意しなければいけないことに気づいた。なんてこった。以下を購入予定。年末帰省中は受け取れないので1月に買います。

AKI-PIC2プログラマボード(PICkit2互換)

AKI-PIC2アダプタ(40ピン)

参考 マイコン/PIC – PukiWiki

雑談

まさかライターを別に用意しないといけないとは。ハードは金がかかりますね

追記(2019/3/18) 段落構成を変更しました。内容は変更ありません。