コンテンツへスキップ

twitterアイコンを3Dで作成

twitterやSNSのアイコンをもっと綺麗にしたい!と思っている方は多いはず。そこで、私が立体の新アイコンを作った際の方法をまとめました。無料ツールなども紹介しています。

twitterやSNSのアイコンをもっと綺麗にしたい!と思っている方は多いはず。そこで、私が立体の新アイコンを作った際の方法をまとめました。無料ツールなども紹介しています。windows10です。

目次

  • 目的
  • 3DCADとは
  • ツール紹介1 : 3DCAD
  • ツール紹介2 : 画像加工用ツール
  • 使い方の概要
  • 作成したモデル
  • 実際のアイコン

目的

アイコンはアカウントの顔です。が、 私はしばらくこんなアイコンを使って居ました。 綺麗にしたい。

大学のテスト期間中にパワポで作った物で、なかなか気に入って居ました。これからも使っていきたい、とはいえ、雑すぎる。もしや、最近使い始めたCADを使えば良いのができるんじゃ!? ...と言うわけで、(練習がてら)これを綺麗に3D化した新アイコンを作りたいと思います。

この記事は、私が3DCADで作成した新アイコンを簡単に解説し、まとめたものです。

3DCADとは

3DCAD とは、縦、横、奥行きの 3 つの次元をもった 3 次元モデルを作成するこ とができるCADです。ではCADというのは何かというと、コンピュータによる設計支援するツールのことです。

3DCADは以下のような特徴を持ちます。

  • 形状が分かりやすい
  • 作成と編集が容易である
  • 技術計算が速やかにできる

立体図面を描いたり、3D プリンター 用の作成データを作成したり、シミュレーションに使用したり、様々な場面で活用されています。

アイコンを作るうえで重要なのはレンダリングという機能です。 アルミやプラスチックなど素材を指定することで 、商品の完成予定 画像などを速やかに美しく作成することができます。

ツール紹介1: 3DCAD

私が使ったことがあるソフトを3つ紹介します。正直慣れればどれも使いやすいと思います。

SolidWorks

私の知るかぎり一番多くの人が利用している3DCADです。企業や学校で使用している事が多いですが、有料なので個人で使っている方の話はほとんど聞きません。特徴は以下の通り。

  • すべて部品、アセンブリ(組み立て)、図面という単位で構成される 。
  • SolidWorks は履歴型の CAD であり、履歴から編集することができる 。
  • 互いに関連性を持っており、例えば部品を編集した場合、その部品を使用しているアセンブリも自動的に編集される 。

SolidWorks公式HP

Fusion360, AutoCAD

2つは異なるソフトですが、どちらもAutodesk社の製品です。Autodeskさんのすごいところは、 普通に使ったら年間20万円程度かかる高性能ソフトが 学生・教員はどちらも無料で利用できるという事!本当にありがとうございます!!

AutoCAD 教育 AUTODESK公式

Fusion360 学生 AUTODESK公式

DESIGN NOW Fusion360が学べる情報サイト -AUTODESK

ツール紹介2: 画像加工用ツール

この章はおまけ的ポジションです。

windowsのスクショ+ペイント

キーボードに「Prt Sc」というキーがあると思います。これはprint screenのことで、単なるスクショです。押したらペイントなどの画像編集ツールを開いて、「Ctrl」+「v 」で貼り付けます。その後、トリミングなど。

snipping Tool

部分的にスクショするためのツールです。windowsに始めから入っていると思います。スタートメニューで検索すれば出てくるかと思います。新規作成をクリックすると画面全体が静止して白っぽくなります。その状態でクリック+ドラックして範囲を指定するとその部分を画像として保存できます。

Snipping Tool

使い方の概要

3DCADの共通した使用方法をざっくり解説します。

基本的には3ステップ。1,スケッチ、2,押し出し、3,微調整 です。

1,スケッチ。平面を選択して、下書きをします。

スケッチA,円
スケッチB,複雑な形

2,押し出し。スケッチをベースに押し出したりくりぬいたり開店させたり、様々な方法で立体にします。

押し出しA,押し出し
押し出しB,回転

3,微調整。角を丸めたりして微調整します。押し出した後の面にさらにスケッチを描いたりすることもできます。

微調整 直径の違う円柱をなめらかにする場合

作成したモデル

パーツです。

目玉
目の外側
尻尾

上を組み立てて行きます。本当は不確定な要素が無いようにするべきですが、今の目標はアイコンの写真を撮ることなのでかなり雑にやっています。

顔 (怖い)

各パーツに素材を指定して完成です!素材データは予めCADに入っているので選択するだけでOKです。色も指定できます。

完成

これをレンダリングしてプレビューを見てみます。私が使ったソフトはかなり古いですが、そこそこ綺麗なのではないでしょうか。

後ろ
逆側

実際のアイコン

実際の様子です。元画像のぼんやりした印象を見事に引き継いでいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です